SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、AIを活用した「テレビ視聴率予測システム」を提供開始 テレビCM素材の高度運用が可能に

 電通は、AIを活用したテレビ視聴率予測システム「SHAREST(β版)」をバージョンアップした「SHAREST_RT(シェアレスト・アールティー)」を開発、提供を開始した。

 同システムは、「過去の視聴率データ」「番組ジャンル」「出演者情報」「インターネット上のコンテンツ閲覧傾向」などを教師データとするディープラーニングによるモデル構築を行ったもので、放送前1週間のテレビ視聴率を予測できる。

「SHAREST_RT」概念図
「SHAREST_RT」概念図

 「SHAREST_RT」を活用することで、ターゲットが異なる複数のテレビCM素材を、視聴率予測をもとに最適な番組でオンエアする素材割付を行うなど、テレビCM素材の高度運用が可能になる。

 また新システムでは、予測精度を向上させるためのデータベース基盤「RICH FLOW」も構築されている。ソーシャル関連データや天候関連データ、各種パネルデータ等を「RICH FLOW」上に投入し、データベースを拡充することで、さらなる予測精度の向上や予測対象指標の多様化を進めていく。

【関連記事】
電通、AI用いたテレビ視聴率予測システムを開発 ターゲット別視聴率予測によるCM割付も視野に
電通、欧州におけるデータマーケティングサービスを強化へ!スイス、ドイツで事業展開する企業を買収
AbemaTVが電通、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携/広告拡販、コンテンツ調達を強化
ジャパニメーションでブランディングに貢献!電通、国内のアニメスタジオ9社と連携し新組織を発足
感情×行動データで最適なCRM施策を!電通・電通デジタルがEmotion Techと新サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/26 16:30 https://markezine.jp/article/detail/29580

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング