SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GfKジャパン、TVCMの販売効果分析サービスを提供開始 スマートテレビ視聴ログとPOSデータを活用

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは、ネットに接続されたスマートテレビの視聴ログを活用した、TVCM販売効果分析サービスの提供を開始した。

同サービスの概要
同サービスの概要

 同サービスは、同社が保有する家電製品を中心とした販売実績(POS)データと、CM視聴ログやシーズナリティなどのデータを掛け合わせることにより、TVCMが実売にどの程度寄与したかを日次ベースで測定するもの。家電製品などの販売台数を目的変数とし、CM視聴台数やPOSデータの情報(製品の平均価格など)を説明変数とした重回帰分析によって、TVCMによる販売寄与度を定量化する。

 CM視聴台数の算出には、全国のテレビ約60万台から取得する視聴ログ情報を活用。番組視聴データは、東名阪キー局の地デジ放送だけでなく、全国ローカル局およびBS、CS放送の番組視聴データを対象としている。秒単位で視聴データの推移を確認でき、番組間の流入流出状況を把握することが可能だ。一方CM視聴データに関しては、東名阪のキー局および準キー局の地デジ放送が対象となり、局別・番組別の視聴状況を確認できる。

 また、地区別や、店頭・ネットといった販路別の販売実績データを利用することで、CM放送地区に限定した販売効果や、店頭・ネットそれぞれの販売効果の分析も可能となる。

【関連記事】
3人に1人がテクノロジー機器依存か/若年層、高所得層ほど依存する傾向に【Gfk調査】
GfK ジャパン、マーケティング・ミックス・モデリングの提供を開始 販売データもとに効果測定
GfKジャパンとLeapMind、マーケティングリサーチ事業の業務提携に向けて合意
GfKジャパン、雑誌広告の効果測定の調査結果を発表
家電のインターネット通販、市場規模の1割弱まで成長【GfK Japan調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/31 15:48 https://markezine.jp/article/detail/29604

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング