SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通テック、LINE活用のイベントマーケティングサービスを提供 来場前~後まで属性に応じた訴求を実現

 電通テックと電通ライブは、「カードキャプターさくら展 ー魔法にかけられた美術館ー」(以下、同展覧会)において、「LINE ビジネスコネクト」を活用した展覧会情報の配信および「来場者参加型展示」などのイベントデータマーケティングサービスの提供を行っている。

会話形式で属性情報を収集

 両社が実施している同取り組みでは、「LINE ビジネスコネクト」を活用することによって、同展覧会のLINE公式アカウント上で、キャラクターとの会話形式からユーザーの属性情報を収集する。

 来場前のユーザーには、属性情報に応じたコンテンツの出し分けを行うことで、展覧会への期待感を醸成。来場後のユーザーに対しては、期間限定展示の案内や、来場時の思い出を喚起する展覧会会場の写真の送付といったコミュニケーションを通して、再来場を訴求する予定だ。

 両社は加えて、同展覧会のLINE公式アカウントから気軽に参加できる「来場者参加型展示」を企画・運営している。来場者は会場で「カードキャプターさくらの一番好きなシーン」を撮影し、同展覧会とのトーク上に写真を投稿。投稿された写真は、会場の展示サイネージ上にリアルタイムで表示される。自分が選んだ写真を展示の一部として共有できるという感動を与えることで、作品や同展覧会とのエンゲージメントを高めることが可能だ。

LINEで参加できる「来場者参加型展示」イメージ

【展覧会概要】
タイトル:カードキャプターさくら展 ー魔法にかけられた美術館ー
会場:森アーツセンターギャラリー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
会期:2018年10月26日~2019年1月3日
主催:カードキャプターさくら展製作委員会

【関連記事】
電通テック、「マイデータ・インテリジェンス」を設立 IDベースマーケティングを強化
電通テック、「+tech labo」を設立 テクノロジーを活用しOMO時代のプロモーションを開拓
電通テック、写真撮影でシリアルナンバーの一括入力を可能にするツールを開発
電通テック、「LINE ビジネスコネクト」活用の新サービスをリリース あらゆる顧客接点データを活用
電通テックがレモネードのインスタ特化型プラットフォームと連携 SNSでの話題化からCRMまで支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/05 13:15 https://markezine.jp/article/detail/29636

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング