SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2018」テクノロジー数は前年比の約1.8倍!

 アンダーワークスは、日本国内における主要なマーケティングテクノロジーの独自調査を実施。「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2018」として公表した。

「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN2018」イメージ画像
「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN2018」イメージ画像

 「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2018」は、国内で利用可能なマーケティングテクノロジーのうち、主要なものを12分野に分類し、485種類のテクノロジーとして一覧化したもの。

 2017年度版と比較し、2018年度版はテクノロジー分類が10分野から12分野に増加。これは、マーケティングとセールス・店舗などとの連携がますます密接になる中、テクノロジーの連携も進んできていることが考慮され、オフラインやセールス領域の分野が新たに設置されたためだ。また2018年度版カオスマップでの掲載テクノロジー数は、2017年度の272テクノロジーの約1.8倍に増加し、485テクノロジーとなっている。

 本カオスマップでは、製品・サービスのロゴだけでなく、名称が記載されているため、検索からの比較・検討をスムーズに行うことが可能だ。

【関連記事】
アンダーワークス、「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2017」を公表
アンダーワークス、EnsightenのGDPR対応ソリューションの提供・導入支援を開始
アンダーワークス、「Oracle Excellence Awards 2017」を受賞
リクルートコミュニケーションズと富士通、アニーリング技術を活用したマーケティングテクノロジーの開発へ
フロムスクラッチ、人工知能研究機関「TechJIN」を福岡に設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング