SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

保険業界の顧客対応を個別最適化!三井情報、英Armのプラットフォームを活用したソリューションを開発へ

 三井情報は、英Armのエンタープライズ・カスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data eCDP」を活用し、同社と共に保険業界向けカスタマーエンゲージメントソリューションの開発を開始した。

 「Arm Treasure Data eCDP」は、企業保有のデータやオンライン上の行動データ、サードパーティー提供のデータなどから、特定の個人を軸にデータを収集・統合するプラットフォームで、精緻な顧客プロファイルの作成が可能。過去のデータを機械学習して生成した予測モデルを基に、今後コンバージョンの可能性がある顧客を予測する機能を備えており、データ収集から見込み顧客の予測までを自動化できる。

 両社は同プラットフォームを利用して、個々の顧客に紐付くデータを統合・分析し、最適化された提案を導き出すソリューションの開発を目指す。

 具体的には、コンタクトセンターに連絡してきた顧客について、家や車の購入予定、子供の誕生といったライフステージを可視化。その顧客に最適化されたプロモーションやキャンペーンなどの情報を、コンタクトセンターで対応するオペレーターのモニタに瞬時に表示する。オペレーターがその情報に基づき提案を行うことで、CXの向上が期待できる。

 両社は、2019年3月末までに実証実験の開始を目指している。

【関連記事】
加入まで最短60秒!LINE Financialと損害保険ジャパン日本興亜「LINEほけん」を提供
サイト内CV率の向上に貢献!「保険相談ナビ」がWeb接客プラットフォーム「Sprocket」を導入
住友生命、CTCの「eMotion」を導入 インタラクティブ動画で保険の商品を説明
目指すは保険業界のゲームチェンジ LINE Financialと損害保険ジャパン日本興亜が協業
アドバンスクリエイト、「保険市場」でFBメッセンジャーを活用した会話広告パッケージを導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング