MarkeZine(マーケジン)

記事種別

サイト初来訪者の不安を解消!富士通グループ会社がWeb接客ツール「Sprocket」を導入

2018/11/21 13:00

 富士通クライアントコンピューティングは、「富士通WEB MART」の個人向けサイトにおいて、統合Web接客プラットフォーム「Sprocket(スプロケット)」を導入した。

 「Sprocket」は、ユーザーのサイト上での行動データ(ページ閲覧、スクロール、クリックなど)を活用することで、ユーザーそれぞれのカスタマージャーニーに合ったタイミングで「ポップアップ」を表示するツール。これによって、ユーザーの態度変容を誘発し、購入・申し込み・資料請求などのコンバージョン率の向上や離脱率の低下といったKPIの改善に貢献する。

 今回富士通クライアントコンピューティングは、初めてサイトに訪問するユーザーに向けて、数ある商品を効果的に紹介するために同ツールを導入。マンガイラストを使って親しみやすさを出すことでユーザーの不安を解消するだけでなく、問い合わせがしやすいよう、項目をバナーで表示させた案内も行っている。

「Sprocket」導入イメージ

 今後同社は、同ツールを活用することでコンバージョン影響度の高いページを自動で抽出し、ページにアクセスしているユーザーの心理状態に合ったWeb接客を進めていく。

【関連記事】
サイト内CV率の向上に貢献!「保険相談ナビ」がWeb接客プラットフォーム「Sprocket」を導入
Web接客ツール「Sprocket」、AIによる自動スコアリング&コンバージョンの事前予測が可能に
ECサイト構築パッケージ「ecbeing」、Web接客ツール「Sprocket」と連携を開始
Web接客ツールの「Sprocket」、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と連携
ピザハット、「Sprocket」の新機能導入 自社データとサイト内行動もとにWeb接客を自動最適化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5