SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソウルドアウト、地方・中小・ベンチャー企業向け広告配信先最適化ツールを開発!

 ソウルドアウトは、地方、中小、ベンチャー企業向けに、広告配信先最適化ツール「Soldout Delivery Destination Optimizer」を開発した。

 スマートフォンによる検索行動、購買行動が一般化し、生活者の瞬間的ニーズから生まれる検索語句の多様化・増加が進んでいる。検索連動型広告の運用では、こうした傾向により広告配信の成果が期待できる一方、どの語句に連動して広告を配信するかを設定する必要があり、適切な語句を追加・停止する作業に多くの時間を要してしまう。

 また昨今は、アドフラウド問題に代表されるように、広告配信を行う際に不適切なサイトへの配信を除外する設定が必要となっている。ディスプレイ広告の運用においては、広告配信先を精査する作業量が日々増えていくことで、その他の施策や課題解決のためのPDCAサイクルを回すことが困難となる場合も増えてきた。

 これらの課題を解決するため、同社は同ツールを開発。同社がネット広告の運用を請け負っている企業に対し、2018年12月から順次提供を開始する。なお、対象となる媒体は、Yahoo! JAPANとGoogleである。

 同ツールでは、検索語句における検索語句の追加と停止、ディスプレイ広告における配信先の停止とった一連の運用改善作業を、同社の配信先精査ノウハウを基にしたルールをベースに自動化。これにより、より正確でスピーディな広告配信の成果改善が期待できる。

 また、同社が把握している広告配信不適切サイトへの広告配信を一括して除外し、不正クリックを防止することも可能だ。

【関連記事】
ソウルドアウト、マーケティングラボを新設/中小・ベンチャー企業のデジタルマーケティング支援促進へ
ソウルドアウト、Amazon広告の活用を支援する専門チームを発足
ソウルドアウト、ベクトルと包括的業務提携 地方拠点におけるPR領域のサービス展開が目的
ソウルドアウト、スマホ上で手軽に計測データを閲覧できるダッシュボードを開発 顧客企業向けに無償提供へ
ソウルドアウト、デジタルを活用した事業のサポートサービスを開始 第一弾に運転免許ポータルサイトを支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/30 13:30 https://markezine.jp/article/detail/29866

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング