MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日本経済新聞社が「新聞広告の効果」を数値化して提供へ 紙面ビューアーの閲読ビッグデータを分析

2018/11/30 12:30

 日本経済新聞社は、新聞広告がどれほど読まれたかを「見える化」する新しい仕組みを開発した。

 同社は、「日本経済新聞 紙面ビューアー」の閲読ビッグデータを分析することで、それぞれの新聞広告がどの程度読まれたかを推計する。具体的には、それぞれの広告について、一定以上の秒数をかけて見た読者の割合を「視認率」として示し、より長い時間、広告を閲読した読者の割合は「認知率」という数値で示す。

 たとえば紙面ビューアー読者の7割が、ある広告を一定以上の秒数をかけて見れば、視認率は70%となる。同社は紙面ビューアーで得た閲読ビッグデータをもとに、紙の新聞の閲読者属性に合わせて数値を調整し、紙媒体を含めた全体の広告効果を個別に算出する。

 これにより、広告主はどんな読者層にどれほど広告が訴求したのか、効果を具体的にイメージすることが可能になる。掲載翌日以降、時間帯別の広告表示数など、読まれ方をより詳しく分析した「詳細リポート」によって、広告クリエイティブの改善など、今後の広告戦略の立案に役立てることも可能だ。

 同社はまず、12月5日付の日本経済新聞朝刊から15段の全面広告の効果測定を始め、準備が整い次第、記事下の5段広告などにも広げていく。

【関連記事】
日本経済新聞社、データドリブンの加速目的に「Domo」を採用
法人契約でガンガン使える「日経電子版Pro」スタート、社内でのシェア機能も
日本経済新聞社、AIを活用した「決算サマリー」の配信スタート
動画マーケティング支援するViibar、日経と提携
「日本経済新聞 電子版」有料会員50万人に~20代読者がけん引

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5