SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネット配信時代の音楽著作権管理会社JRCが、YouTubeと著作権の利用許諾契約を締結

 ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)は、Mr.Children、L’Arc-en-Ciel、スピッツ、アンジェラ・アキなど国内の人気アーティストの音楽著作権を管理している著作権管理会社。音楽プロダクション、アーティストマネージメントオフィス、プロダクション系音楽出版社などが、著作権の有効活用や管理業務の改善などについて取り組む意思のもと2000年12月に設立。現在さかんに行われている音楽配信における各種権利の管理業務に積極的に取り組んでいる。

 JRCは3月27日、ビデオ共有サービス「YouTube」と日本における音楽著作権の包括利用許諾契約を締結したことを発表。これによってJRCが著作権を管理する楽曲をユーザーが自ら演奏して投稿したり、アーティストがプロモーションとして積極的に「YouTube」を活用することが可能になる。ただし、著作隣接権(実演家、レコード制作者、放送事業者、有線放送事業者の権利)が含まれる映像については今回の許諾の範囲に含まれないため、各隣接権者の許諾を得る必要がある。

 包括利用許諾契約の締結に伴い、JRCが著作権を管理する作品のアーティストが所属する大手レコード会社フォーライフミュージックエンタテイメントと、大手インディーズレーベルのデンジャー・クルー・エンタテインメントの公式チャンネルの開設が決定。デンジャー・クルー・エンタテインメントは3月27日に公式チャンネル「デンジャー・クルー・レコーズ・チャンネル」を開設。フォーライフミュージックエンタテイメントも4月4日チャンネル開設を予定している。

【関連リンク】
アップロードした動画の統計情報を閲覧できる「YouTube インサイト」リリース
「百度」の日本からのPVの97%が男性、中国版YouTube「優酷網」も人気【ネットレイティングス調査レポート】
角川グループ、YouTubeに公式ページを開設、広告展開にも意欲
東大、坂本龍一氏の対話型講義をポッドキャスト配信
Google、YouTubeの著作権侵害動画を特定するシステムを導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング