SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

店舗への来訪行動に基づく広告運用を実現!電通、GroundTruthの「AdsManager」を提供

 電通は、位置情報ターゲティングに基づく運用型広告配信プラットフォーム「AdsManager」を日本市場向けに導入した。

 同プラットフォームは、2018年3月に電通と資本・業務提携関係を締結したGroundTruthが開発したもので、人々の店舗・施設へのリアルな来訪行動に基づきターゲティングを行うことが可能。来訪行動の把握には、同プラットフォームに搭載されたGroundTruthの技術「Blueprints」と「ロケーションベリフィケーション」が用いられる。

 同プラットフォームの日本市場への導入は今回が初めて。全国約1,200万ヵ所の施設情報がプリセットされているため、ターゲティングしたい場所の登録は不要。全国規模の広告キャンペーンを展開可能だ。また、インプレッション数やクリック数に加え、特定店舗・施設への来訪数に関しても、広告キャンペーンの規模に関わらず可視化できる。

 加えて、広告キャンペーンの終了を待たずに、日ごと・ターゲティンググループごと・クリエイティブごとの来訪数を把握したい、というニーズにも対応する。さらに同プラットフォームは、電通グループの統合マーケティングデータ基盤プラットフォーム「People Driven DMP」との連携が可能。人々のオフライン来訪履歴データとオンライン上の行動データ、テレビ視聴データ、購買データなどの掛け合わせによるターゲティング配信が実現する。

【関連記事】
実行動データを用いた「ラジオ広告」の効果検証が可能に 電通、「Radio Dots」β版を開発
電通、AIを活用した「テレビ視聴率予測システム」を提供開始 テレビCM素材の高度運用が可能に
電通、欧州におけるデータマーケティングサービスを強化へ!スイ、ドイツで事業展開する企業を買収
AbemaTVが電通、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携/広告拡販、コンテンツ調達を強化
ジャパニメーションでブランディングに貢献!電通、国内のアニメスタジオ9社と連携し新組織を発足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/11 17:30 https://markezine.jp/article/detail/29942

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング