SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、AIが流行キーワードを予測するシステム「TREND SENSOR(β版)」を開発

 電通は、AIでビッグデータを解析することで流行キーワードを予測するシステム「TREND SENSOR(β版)」を開発した。

 昨今、SNSが流行伝播に重要な役割を果たしており、流行の発信源が必ずしもマスメディアではなくなってきている。そこで同システムは、SNSとマスメディアの情報を掛け合わせることで、新たな流行の兆しを発見する「クロス流行伝播モデル」を採用。

 同システムでは、先述のモデルを用いた分析をもとに、電通が子会社のデータアーティストと共同開発したAIが、アニメ・グルメ・ビジネスなど10個のカテゴリーでデモグラフィック別の流行キーワードを予測する。

「クロス流行伝播モデル」イメージ
流行のトレンドは図中の青線のような軌跡を描くと考えられている

 同社は今後、クリエイティブのプランニング領域において、アイデア開発を科学的に支援するツールとして同システムの活用を進めていく。また、流行予測を活用したキャラクターコンテンツの開発や、ファッションなどのビジネス開発への応用も目指していく考えだ。

【関連記事】
デジタル広告による来店効果を高精度に計測!電通と電通デジタル、新ソリューションを開発・提供へ
電通、日本気象協会の「気象データ」を活用したマーケティングソリューションの開発を開始
店舗への来訪行動に基づく広告運用を実現!電通、GroundTruthの「AdsManager」を提供
電通がVTuber事業を開始/エジェ社と共同でVTuberによる接客サービスを開発・提供へ
実行動データを用いた「ラジオ広告」の効果検証が可能に 電通、「Radio Dots」β版を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/17 16:30 https://markezine.jp/article/detail/29993

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング