SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテックの統合型CRM上で日経のビジネスデータベースが利用可能に ビジネスマッチング機能も開発予定

 TISインテックグループのインテックは、日本経済新聞社と業務提携し、インテックの統合型CRMシステム「F³(エフキューブ)」上で、日本経済新聞社が運営するビジネスデータベースの情報を利用できる「F³メディアクラウド」を、2019年春から提供する。

連携イメージ
連携イメージ

 「F³」は、インテックが提供する金融機関向け情報系システムの総称。CRM、コールセンター、ローン自動審査などを業務機能ごとに体系化し、業務単位で組み合わせて利用できる。

活用イメージ
活用イメージ

 「F³メディアクラウド」では、営業担当者が活用するCRMやSFAに、取引先の企業情報や人事異動情報などを同期し、営業生産性を向上させることが可能。また、取引先の記事情報を把握することで、企業支援活動における対話のきっかけ作りやアカウントプランの策定支援、企業経営者が求めるソリューションを提案できる。さらに、日本経済新聞社が保有する企業情報や新聞記事データベースからビジネスマッチング先候補を抽出し、提案する機能の開発も予定している。

【関連記事】
TIS、電話からの問い合わせをLINEに送信するサービスを開始 自動応対でオペレーターの負荷削減へ
TISと日本テラデータ、ビッグデータ分析のコンサルティング・サービスで協業を開始。
紙面の補足情報をARで表示!オプト、日経新聞社の「日経AR」開発支援でリアル×デジタルの体験を実現
電通と博報堂DYMP、TBS、日経、テレ東、WOWOWが新会社を設立 動画配信プラットフォーム提供へ
法人契約でガンガン使える「日経電子版Pro」スタート、社内でのシェア機能も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/26 09:00 https://markezine.jp/article/detail/30042

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング