SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ENJOY JAPAN、中国のECアプリ「小紅書」と業務提携 日本企業の出店を促進

 ENJOY JAPANは、1.2億人以上のユーザー数を誇る中国のECアプリ「小紅書(RED)」と業務提携を結んだ。これによって同社は、日本企業の同アプリへの出店を促進。今後は、出店のための審査・手続きの支援・商品の輸送に関する提携先の紹介の他、店舗運営に関するコンサルティングなども提供していく。

「小紅書」モールロゴ

 中国都市部の女性を中心に人気を拡大している「小紅書」は、同アプリ内で紹介された商品が日本の店頭で即売り切れになるなど、口コミメディアとして高い影響力を持っている。また、創業5年にして企業価値約30億ドル(12月26日時点のレートで約3,300億円)を超えるなど、EC業界のユニコーン企業としても注目されており、2018年6月には、アリババの主導によって約3億ドル(同レートで約330億円)の資金調達を行った。

 中国において、同アプリは信頼できるコミュニティとして認知されており、多くのユーザーが写真とともに記事を投稿し、シェアを行っている。記事を読んだユーザーはそのまま商品を購入することが可能で、中でも日本商品は同アプリ内で大きな支持を獲得している。

 同アプリはさらに、海外ブランドに高い関心を持つ裕福な90年代生まれがユーザーの約80%を占めるという特徴を持つ。ユーザーは1ヵ月に平均で52回アプリを開き、利用1回あたりのアプリ内平均滞在時間は約16分間にのぼるなど、頻繁かつ長時間での利用が進んでいる。

【関連記事】
超十代、微博と戦略的パートナーシップを締結/日中間の広告・越境Eコマース事業を展開
「ライブコマース・サービス カオスマップ2018」ECモール型のほか越境EC・SaaS型なども登場
越境ECのサイト開設をトータルサポート!CTC、中国におけるITシステム構築支援サービスを開始
日中韓の3ヵ国言語に対応!GMOメイクショップ、韓国企業と提携し越境EC支援サービスを提供へ
中国越境EC事業を一気通貫で支援!ADK、中国にADK Digital Technologyを設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/27 07:00 https://markezine.jp/article/detail/30050

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング