SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電力データの解析でライフスタイルを可視化!JEPCO、京都大学の共同で「スマートライフラボ」を始動

 日本新電力総合研究所(以下、JEPCO)は、京都大学大学院経済学研究科 依田 高典教授が率いる研究チームと連携し、電力利用におけるビッグデータを解析する研究所「スマートライフラボ」を本格始動すると発表した。

 「スマートライフラボ」では、京都大学、シカゴ大学、ロンドン大学等の世界的専門家で構成された専門チームが、電力利用におけるビックデータを独自のアルゴリズムにより解析する。それらのデータを活用することで、行動科学等の理論に基づいた顧客アプローチが可能になる。

 JEPCOは「スマートライフラボ」を通じて、顧客のライフスタイルに応じた最適な電力プランを提案するだけでなく、IoTによりあらゆるものの利用データが分析できるようになったことをきっかけに、エネルギーやヘルスケア等の新たな分野においても、電力データを活用した社会課題の解決や新たなビジネスの創出を目指していく。

【関連記事】
ニフティ、東急電鉄、イッツコム、スマートライフ事業展開する新会社Connected Design設立
日本経済新聞社が「新聞広告の効果」を数値化して提供へ 紙面ビューアーの閲読ビッグデータを分析
ヤフー、保有するビッグデータを活用した実証実験を開始 ユーザーへの便益創出&企業の課題解決へ
企業のビッグデータを“価値ある情報”に転換!インテージ、米DataRobotとパートナー契約を締結
マクロミル、横浜市立大学と「データサイエンス共同研究室」を設立/企業のビッグデータ利活用を促進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/07 16:30 https://markezine.jp/article/detail/30066

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング