SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「b→dash」と「クロスリスティングDMP」が連携 ユーザーの潜在的ニーズを把握可能に

 フロムスクラッチのマーケティングプラットフォーム「b→dash(ビーダッシュ)」と、クロスリスティング提供する「クロスリスティングDMP」が連携を開始した。これにより、「b→dash」の画面上で、大手ポータルサイトが保有するオーディエンスデータを活用したユーザー分析やターゲットセグメントリーチ、レコメンドなどの配信が可能になる。

 昨今、企業のマーケティング活動では、ユーザーの属性情報やオンライン行動データ、オフラインデータといった様々なデータを扱っている。しかし、自社で保有しているデータだけでは、ユーザーセグメントを詳細に分けることは困難であることから、外部データを利用してユーザーの属性や趣味嗜好などを可視化したいというニーズが高まっている。

 今回の連携により、「b→dash」導入企業は、自社で保有するデータと既に「b→dash」と連携されている3rdパーティーデータに加え、「クロスリスティングDMP」に蓄積されている、検索データや閲覧履歴といったオーディエンスデータの活用が可能に。これにより、興味関心や潜在的ニーズに基づくユーザーインサイトを可視化できる。また、ユーザーの興味関心をより詳細に捉えたユーザーセグメントを活用し、Webサイトやメールなど複数のチャネルにまたがるマーケティングアクションも可能になる。

 たとえば、「b→dash」を通じてオーディエンスデータを活用することで、自社に興味関心があるユーザーセグメントだけでなく、競合商品や同カテゴリー商品を検索しているセグメントを指定できる。これまで抽出できなかった集団へのリーチが可能になることで、データを活用したプロモーションの強化が実現する。

 加えて、これまでは閲覧数やCVの増減のみでしか測ることのできなかった広告効果を、広告閲覧前後のユーザーの検索行動の変化などユーザー心理の観点から測定することで、広告のブランディング効果や認知効果を分析、レポーティングすることも可能だ。

【関連記事】
「b→dash」が「eGift System」と連携 ユーザーの行動に合わせたeギフト配信が可能に
パーソナライズしたDMを発送可能に 「b→dash」が「Print of Things」と連携
フロムスクラッチ、ビッグデータの処理を安定させる基幹技術を開発し「b→dash」を強化
ビデオリサーチ・NTTレゾナント・クロスリスティング、データ連携&新ソリューション構築を開始
クロスリスティングの「MindPick」、サイト訪問ユーザーのインサイト分析機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/17 13:30 https://markezine.jp/article/detail/30160

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング