SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、米アモビー社と「ブランド・インテリジェンス分析」を活用したサービスを開発・提供へ

 電通は、マーケティングテクノロジー会社である米国のAmobee(以下、アモビー社)と、同社が提供するブランド・インテリジェンス分析を活用したサービス開発で協業することに合意した。本日よりサービスの提供を開始する。

 アモビー社のブランド・インテリジェンス分析は、ソーシャルメディア上のツイート、投稿、コメント、いいね!、シェアなどの「アクションデータ」に加えて、SNSやインターネット上では発言しないサイレントマジョリティーも含む、ネットユーザーのページや動画の閲覧などの「コンテンツ消費データ」を、1日あたり600億以上AIで網羅的に把握することでユーザーインサイトを見いだすというもの。

 オンライン上のコンテンツ(文章、動画、画像等)が発信された国、エリア、掲載メディアや情報量、時系列の変化といった多岐にわたる要素をAIが解析し、さらに同社のデータサイエンティストが相関分析、クラスター分析などの統計手法を用いて分析する。これにより、ブランド活動の戦略策定から実施計画まで、一連の設計にインサイトを生かすことができる。

 電通は、このアモビー社の分析力と、電通独自のマーケティングやクリエイティブにおける課題解決ノウハウを掛け合わせることにより、顧客企業に対して従来にないデジタルマーケティングサービスをワンストップで提供していく。

 具体的には、特定コンテンツに反応する潜在ターゲットの抽出、ブランド訴求のためのメッセージおよびメディア配分に関する現状課題や改善方法の可視化、KGIに基づく戦略策定とそれを実現するためのKPI設定、反応率の高いリッチメディアやクリエイティブから示されるデータに基づく最適なデジタル広告運用、広告配信後のオーディエンスデータを活用した高精度な効果検証(キャンペーン分析やブランドリフト分析等)など、従来は困難であったマーケティング活動のPDCAを実現していく。

 両社は今後、ブランド・インテリジェンス分析をベースにしたこれらサービスの体系化・深化を図り、顧客企業のマーケティング活動の高度化に資するサービスを提供していく。

【関連記事】
電通、米Filterを買収 米国でのデジタルマーケティング戦略を加速
電通とCCI、OOH広告の「自動的な広告売買・配信」実験を開始 OOH広告ビジネスのデジタル化を推進
ドコモと電通が新会社「LIVE BOARD」設立へ デジタルOOH広告事業の普及・拡大を推進
デジタル広告費、2019年には総広告費の40%以上に/電通イージスが「世界の広告費成長率予測」を発表
電通、メディアやプラットフォーマーなどのスタートアップ向けに「360度事業支援サービス」を本格始動

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/23 16:45 https://markezine.jp/article/detail/30207

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング