SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イベント会場の天候に合わせたコーデをレコメンド!ルグラン、「AMIPLE」との共同実証実験を開始へ

 ファッションテックサービス「TNQL(テンキュール)」を提供するルグランは、イベント同行者が探せるSNSサービス「AMIPLE」を提供するSKIYAKI APPSと共同で、エンタメイベント開催地の天気情報をもとに最適なコーディネートを表示する実証実験を行う。

(左)「AMIPLE」イメージ
(右)「TNQL」イメージ

 ルグランはこれまで、気象データを有効に活用し、ユーザーの環境や好みに応じて最適なアプローチを実現する独自のマーケティング「Weather Driven Marketing」を推進してきた。

 同社の「TNQL」は、GPS情報からユーザーの居場所を判別し、1キロ四方・全国約37万地点ごとの天候データを取得することができる。また、同サービスではAIがユーザーの好みのスタイルを学習し、その日の天気に合わせて800パターンを超えるファッションイラストからレコメンドを行う。

 今回の実証実験でユーザーは、参加する予定のイベント会場の天候に応じた最適なコーディネート提案を受けることができる。これによって、これまでのような会場の天気と服装のミスマッチがなくなり、イベントを楽しむことが可能になる。

 他にも同実証実験では、夏場の野外イベントなどでは熱中症予防・雨天対策の注意喚起も行うことで、イベントを安心・安全に満喫できるようユーザーを支援していく。

【関連記事】
電通、日本気象協会の「気象データ」を活用したマーケティングソリューションの開発を開始
気象データ×AIで需要を予測!エクサウィザーズと日本気象協会、新たなソリューションの共同開発へ
ゼロスタート、ノーチラス・テクノロジーズと提携し「販売予測システム」をリアル店舗向けに提供
日本IBM、企業向けの気象情報提供サービスを開始 ~気象データとコグニティブ技術を融合
サイバーエリアリサーチとDA、天候で変化するユーザー行動をリアルタイムにターゲティング可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/29 07:30 https://markezine.jp/article/detail/30252

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング