SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

高単価な広告取引の機会損失を防止!AJA、同社SSPのヘッダービディングにおいて新たな方式を採用

 サイバーエージェントの連結子会社であるAJAは、メディア向けに提供する「AJA SSP」のヘッダービディングを用いた広告配信において、新たに「ファーストプライスオークション」方式を採用した。

 ヘッダービディングは、複数の事業者間で公平な入札競争を行うことで、媒体社が運営するメディアに単価の高い広告を優先的に配信する仕組み。メディアの収益改善が期待できるソリューションとして、「AJA SSP」でも既に50以上のメディアにおいて用いられている。

 これまでAJAが提供してきたヘッダービディングソリューションでは、オークションの勝者が2番目に高い入札価格に1円足した価格を落札額とする「セカンドプライスオークション」方式を採用していた。一方で、従来の方式では、異なるSSP間で入札価格を比べることができないため、最高額で入札していた広告主が落札できないケースが発生していた。

 そのため、メディアは本来得られたはずの収益を逃してしまい、広告主にとっても、最高額で入札しているにもかかわらずインプレッションが買い付けできないという機会損失につながっていた。

 こうした背景のもとAJAは、ヘッダービディングソリューションの入札方式を、最高入札額を支払額と設定する「ファーストプライスオークション」方式に移行。これによってメディアは、高単価案件における広告取引の機会損失を回避でき、収益の改善が期待できる。

 なお、今回のリリースに先行して同方式がテスト導入されたメディアでは、150%以上収益が増加。これによって、広告主にとっては、本来落札できたはずの広告掲載機会の損失が防げる他、メディアや広告枠の買い付けならびに広告取引における透明性の向上も見込める。

【関連記事】
著名人や番組名を利用した広告を検知!AJA、「AJA GREEN」に商用フィルタ機能を追加
AJA、広告クリエイティブ審査ソリューション「AJA GREEN」を単体サービスとして提供へ
AJA SSP、ヘッダービディングソリューションPrebid.jsに対応/ビッダーとして選択可能に
CAの「AIR TRACK」が「AJA SSP」と接続開始 インフィード在庫への配信拡大へ
「AJA SSP」にヘッダービディング機能が搭載 透明性の高い広告取引とメディア収益の最大化が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング