SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

fluct、第三者配信プラットフォームにIASのソリューションを導入 アドベリへの対応を強化

 VOYAGE GROUPの連結子会社であるfluctは、同社の運営する第三者配信プラットフォーム(3PAS)「GOLDSPOT」において、インテグラル アド サイエンス(以下、IAS)のソリューションを導入。広告配信の健全化・透明化への取り組みを強化した。

 ネット広告市場の拡大にともない、botを利用し、広告費用に対する成約件数や広告効果などを不正に水増しするアドフラウドが問題になっている。不正行為によって表示される広告は、広告主にとって無駄なコスト負担になる。

 また、媒体社においても、広告収益の機会損失となるだけではなく、広告主からの信頼を失うことで、入札の減少による広告枠の収益性低下を招きかねない。こうした課題への対策として、同社は今回、IASのソリューション導入に至った。

 これにより、「GOLDSPOT」においては、希望する広告主に対して、リアルタイムに広告配信面を解析・分析し、条件に合致した配信面のみに広告を掲載できるようになる。

【関連記事】
動画広告をあらゆるタイミングで配信!fluct、同社SSP内で動画配信アプリ向けの新サービスを開始
広告以外の収益機会を拡充!fluct、提携メディアのクラウドファンディングサイト構築を支援
fluctのSSPがGrateful Video Adと連携/動画広告の拡充でメディアの収益を拡大
fluct、アプリ向け動画リワード広告の配信量を拡充 「AdColony」「Tapjoy」との連携で
fluct、SSPにMomentumのアドフラウド対策プラグイン「Black Heron」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/22 13:00 https://markezine.jp/article/detail/30458

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング