MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂DYMP、ユナイテッドアローズらと合弁事業を開始 試着シェアアプリ「fitom」を開発・提供へ

2019/03/04 13:30

 博報堂DYメディアパートナーズとシグマクシス、ユナイテッドアローズは、「株式会社fitom(フィットム)」を通じた新たな合弁事業を開始した。

 合弁事業では、アプリケーションの利用を通じた新しい買い物体験を提供する試着シェアアプリ「fitom」の開発と運用を行う。「fitom」は、実店舗の個人の試着情報をコンテンツとして共有することで、顧客の買い物を手伝い、アパレル企業の販売促進を支援するアプリケーション。様々なアパレル企業のブランドが利用可能なプラットフォームとして提供する。

(タップして拡大)
(タップして拡大)

 「fitom」は、2018年9月から11月にかけてテストマーケティングを実施し、週間アクティブユーザー率が継続的に向上し、中盤以降は安定的に60%を超えるという良好な結果を得ている。2019年5月上旬の提供開始を予定しており、参加ブランドを順次拡大し、2024年までに1000万ダウンロードを目指していく。

【株式会社fitom詳細】
社名:株式会社 fitom (fitom Inc.) 読み方:フィットム
本社住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門 4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス 9F
オフィス所在地:〒100-0006 東京都千代田区有楽町 1-1-2 日比谷三井タワー12F
ワークスタイリング:東京ミッドタウン日比谷内
代表者:代表取締役社長 安藤 望
合弁事業開始日:2019年3月1日
資本金:1億円
株主構成:シグマクシス39%/ユナイテッドアローズ34%/博報堂DYメディアパートナーズ27%

【関連記事】
ユナイテッドアローズ、オムニチャネルでの顧客体験の向上を目指し「Domo」を採用
ユナイテッドアローズ、360度パノラマVRアプリを配信開始〜制作はトランスコスモス
博報堂DYメディアパートナーズと中国放送、 野球中継終了後の放送枠を活用した「リリーフドラマ」を開発
「6秒CM」と「番組本編」を同時に表示!博報堂DYメディアパートナーズとTBSテレビが共同実施
AbemaTVが電通、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携/広告拡販、コンテンツ調達を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5