SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「AbemaTV」が電通・博報堂DYMPの「動画広告配信サービス」と接続を開始 広告収益の拡大へ

 AbemaTVが運営する無料インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、電通グループ3社が提供する運用型プレミアムインストリーム動画広告サービスと、博報堂DYメディアパートナーズグループ4社が提供する運用型プレミアムインストリーム動画広告サービスと接続し、2019年3月中にそれぞれのサービスを介した広告配信を開始することを発表した。

 「AbemaTV」は、2016年4月の本開局以来、CM配信やタイアップ企画等の広告商品の開発を行ってきた。今回、配信対象をプレミアムな動画媒体やコンテンツのみに限定した2つの運用型インストリーム動画広告サービス「Premium Viewインストリーム動画広告」(電通グループ提供)と、「Brand View Instream Ad」(博報堂DYメディアパートナーズグループ提供)との連携を開始することで、広告収益の拡大を目指す。

 「AbemaTV」が純広告以外の広告配信をするのは、今回が初めての取り組み。まずはオンデマンドサービスである「Abemaビデオ」から接続を開始する。

【関連記事】
4Kテレビ「ビエラ」のリモコンにAbemaTVのボタンが搭載!ワンプッシュで視聴可能に
AbemaTVが電通、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携/広告拡販、コンテンツ調達を強化
安倍晋三総理大臣と石破茂元幹事長が生出演 「AbemaTV」で自民党総裁選を特集!
「AbemaTV」がスマートフォンVRプラットフォーム「Daydream」に対応を開始
「72時間ホンネテレビ」の反響は?AbemaTVに関する調査データ公開【モニタス調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/05 11:30 https://markezine.jp/article/detail/30539

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング