MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂DYHDとEAGLYSが資本業務提携 AI&秘密計算を活用したデータ連携や分析モデルを構築へ

2019/03/08 11:00

 博報堂DYホールディングスは、同社の「生活者DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」と、企業の保有するデータとの連携をより安全かつ高度に行うことを目的に、EAGLYSの株式を取得し、資本業務提携を行った。

 様々な場面でデジタルデータが生成・蓄積される中、データの有効な活用が求められている。一方、生活者や社会に関するデータをマーケティングに活用する際には、データの取り扱いや企業間でのデータ連携において、プライバシー保護や機密情報の取り扱いといったデータセキュリティに課題がみられる。

 EAGLYSは、データを暗号化した状態で任意の処理を行う秘密計算技術(※)の研究や設計、開発、導入の支援を行っている。

(※)データを暗号化などにより秘匿化した状態で、任意の計算を可能とする技術の総称。

 今回の資本業務提携により、両社は共同で、秘密計算技術によるAI技術を活用したデータ連携や分析モデル、システム構築などの研究を進める。また、データホルダー企業とのデータ連携を図るとともに、企業間のデータ連携促進や新たなマーケティング・ソリューションの開発を目指す。

【関連記事】
博報堂DYホールディングスがNTTデータと協業を開始 ブロックチェーンなどを活用しデータを安全に管理
博報堂DYホールディングス、「データ・エクスチェンジ・プラットフォーム設立準備室」を設置
博報堂、媒体社と連携した企業オウンドメディアのコンテンツ制作ソリューション「PRECTORY」提供
博報堂DYHDの戦略事業組織「kyu」、デザインコンサルティング行う「IDEO」を傘下に
博報堂DYホールディングス、カナダのクリエイティブエージェンシー「シドリー社」を買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5