MarkeZine(マーケジン)

記事種別

メーカーと連携し業績を最大化!ウィルベース、小売り向け販促推進プラットフォームの提供を開始

2019/03/13 07:15

 小売り・サービス業の支援を行うウィルベースは、小売り企業が医薬品・消費財などのメーカーと協働し、販売を推進するためのプラットフォーム「RetailForce(リテールフォース)」の提供を開始した。

「RetailForce Automation」コンセプトイメージ

 ウィルベースは現在、リテール領域における業務をIT・AIなどの技術を駆使して自動化し、リソースの効率化や業績の最大化を行う「RetailForce Automation(RFA)」を自社のコンセプトとしている。同社は今回、RFAを推進するためのプラットフォームとして「RetailForce」の提供を開始した。

 「RetailForce」では、商品の販促に関わる様々なタスクを設定し、それらのスケジュール詳細および担当者、業務の履行状況などを設定・管理・参照する「販促タスク管理」機能を提供。その他にも、本部またはメーカーがアンケートを用いて店舗の販売状況や販売スタッフの接客状況・商品に対する評価といった情報収集を行える機能などが実装されている。

 なお、同プラットフォームのプロトタイプにて、2018年にドラッグストア30店舗で実施された実験では、「売り上げ」「顧客満足度」「従業員満足度」すべてにおいて一定の効果が確認された。

【関連記事】
流通・小売り業界の課題をデジタルサイネージで解決!大日本印刷と米Krogerが共同研究を開始
三陽商会とABEJAが提携 小売り・流通業界のデジタル化を促進し、AIを活用した顧客体験の創出へ
データ蓄積~施策提案までを実現!日立、小売り・流通業向けの支援サービスを11月1日から提供へ
凸版印刷、ECシステムベンダーのMonoposを買収 小売り業界のオムニチャネル化を支援
スマポ、小売り向けO2Oシステムパッケージ「スマポ安心ポイント連携」提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5