SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、トーク上でチャット形式のアンケートが可能に!第一弾はテレビ番組・CMに関する調査パッケージ

 LINEは、リサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」の新メニューとして「チャット型リサーチ」をリリース。第一弾として「TV番組評価調査パッケージ」の提供を開始した。

「TV番組評価調査パッケージ」アンケート実施例(タップして拡大)

 「チャット型リサーチ」は、LINEのトーク上でチャット形式のアンケートを実施するもの。条件に合う調査対象に向けて、指定した時間に、LINEのプッシュ通知でアンケートを配信できる。

 今回提供された「TV番組評価調査パッケージ」は、テレビ番組やタイムCM、タイアップ広告やプロダクトプレイスメント(※)に関する調査が可能。番組の放映時間に合わせてプッシュ通知でアンケートを配信するため、番組視聴中であっても開封されやすいのが特徴だ。

(※)映画やテレビ番組などの中で、企業の製品を使用したり、その製品や企業ロゴを映し出したりする広告手法

 また、アンケートにはトーク上で回答できるため、番組視聴中や視聴直後のリアルタイムな反応を得られる。これにより、質と鮮度が高く、粒度の細かい回答内容を収集できる。

 さらに、約454万人の「LINEリサーチ」アクティブモニターのうち、10〜29歳が55%を占めているため、若年層を対象とした視聴情報の収集に適している。なお、首都圏以外の地域の放映に関する状況の把握も可能だ。

 同社は今回の「TV番組評価調査パッケージ」に続き、購入したファッションアイテムや日常のコーディネートの写真を基にした調査や、食事内容や購入食材に関する調査について、パッケージを提供していく。

【関連記事】
「LINEリサーチ」内に外食チェーン対象の新メニュー 二次元コードを活用したアンケートが可能に
LINE、「LINEリサーチ」内で新メニューの提供を開始 デプスインタビューなどの定性調査が可能に
「LINEリサーチ」、LINE Beaconを利用した「位置連動型リアルタイム調査」を開始
会話広告「fanp」が「LINE Pay」と連携 LINE公式アカウントのトーク上で決済が可能に
日本郵便、LINEの「通知メッセージ」によるお届け予定通知サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/12 18:00 https://markezine.jp/article/detail/30603

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング