MarkeZine(マーケジン)

記事種別

新車・中古車購入におけるデジタル時代の情報収集行動

2019/03/25 14:45

 インターネットの普及にともない様々なECサイトが登場し、生活者は実店舗へ足を運ばずとも様々な商品やサービスの情報をオンライン上で収集できるようになりました。本稿では買い手の購入前のオンライン上での検討行動を明らかにすることで、オンライン上におけるより良い導線作りや顧客へのアプローチ方法について考察します。

「目に見えない顧客」の囲い込み

 近年、インターネットの普及や様々なECサイトの台頭により、生活者は実店舗へ足を運ばずともあらゆる商品やサービスの情報をオンライン上で収集できるようになった。とりわけ自動車・大型家電など比較的価格の高い商材においては、従来は店頭での販売員の説明が重要な情報収集のルートであったが、今ではメーカーサイトはもちろん、比較サイトでのレビューやSNS上での口コミもスマートフォンひとつで簡単に手に入るようになった。また発信側もInstagramやYouTubeなど文字だけに留まらないリッチなコンテンツでの情報発信が可能になっている。

 こういった局面で売り手側は、実際に対面することのできない「目に見えない顧客」に対し、いかにオンライン上で自社商品・サービスに誘引し囲い込めるかが重要になっている。本稿では買い手の購入前のオンライン上での検討行動を明らかにすることを通して、オンライン上におけるより良い導線作りや顧客へのアプローチ方法について考察する。

▶調査レポート
「車の情報はどうやって調べる? 行動ログデータから見えたデジタル時代の情報収集」(Intage 知る gallery)


この続きは、定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後にお読みいただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスで今必要な情報を、毎月厳選してお届けする年間サービスです。先進事例、キーパーソンの考え方、成果を出すノウハウなど、効率よく学ぶことができます。紙の雑誌をお届けするほか、以下の様な特典があります。
●プレミアムイベントに特別招待
●プレミアム記事がWebで読み放題
●「MarkeZine Stock」のデータが使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5