SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ファンマーケティングを推進するSKIYAKI、TDSEとAIを活用した新サービスの共同開発を開始 

 アーティストやクリエイターへのファンの熱量を可視化するサービス「bitfan(ビットファン)」を提供するSKIYAKIは、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(以下、TDSE)と、TDSEの人工知能エンジン「scorobo」を活用したファンマーケティングサービス「bitfan analysis」の共同開発を開始した。

「bitfan analysis」イメージ

 「bitfan analysis」は、「bitfan」において集積されたファンの行動履歴データに対し、TDSEのデータ分析技術および人工知能エンジン「scorobo」による分析を行うサービス。

 同サービスを活用することでオーナー(ファンクラブサービスなどの提供者)は、「入会促進」「売り上げ増加」「退会抑止」などの目的に応じた効果的なマーケティング施策の把握・実行が可能になる。

 同サービスは加えて、ファンの行動履歴・熱量をもとにオーナーの訴求力を示す「オーナースコア」を搭載。その他に、目的別の効果的なアクションをランキング化してサジェストする機能や、チャートによる過去との比較分析ができる機能なども実装されている。

【関連記事】
ファンマーケを推進するSKIYAKI APPS、アイモバイルと資本業務提携 新規事業の展開も視野に
TDSEとSKIYAKIが業務提携 AIを活用したファンマーケティングの新規開発に注力
CCC、SKIYAKIと資本提携~CCCの会員基盤を活用したファンサイト・ファンクラブ事業展開へ
野村HD、アライドアーキテクツ、佐藤尚之氏が「ファンベース」を基盤としたマーケ支援会社の設立へ
DAC、レポハピとの資本提携で「ファンマーケティング」のサービス体制を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/19 07:00 https://markezine.jp/article/detail/30650

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング