SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JapanTaxi、プレイドの「KARTE for App」を導入 既存ツールとのデータ統合も実現

 JapanTaxiは、タクシーアプリ「JapanTaxi」において、プレイドが提供するネイティブアプリ向けCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE for App」を導入した。

 JapanTaxiはこれまで、マス・デジタルでの各種プロモーション施策を行い、「JapanTaxi」において全国600万にのぼるダウンロード数を獲得してきた。その一方で、ダウンロードしたユーザーの継続利用および定着化に対しては課題を抱えていた。

 こうした背景のもと同社は、個々のユーザーごとのニーズに合わせてユーザー接客を提供し、柔軟なシナリオ設計も行える「KARTE for App」を導入するに至った。

 「JapanTaxi」では今後、「KARTE for App」を通じてユーザーの属性や状況、行動を精細かつリアルタイムに把握し、接客アクションに活かしていく。これによって、たとえばユーザーが最もタクシーを呼びたいタイミングで最適な接客アクションを提供することが可能になる。

 JapanTaxiはまた、「KARTE Datahub」も同時に導入することで、「JapanTaxi」で利用する「Google BigQuery」「Adjust」などの各種ツールで蓄積したデータを統合。これを通じて、ユーザーのこれまでの経験から現在を精緻に把握し、リアルタイムでの接客を実現する。

 その他JapanTaxiでは、マーケティング部門のみではなく、社内全体においてもユーザーを徹底的に理解するため共通基盤として「KARTE for App」を活用。これによって施策の効果を可視化・共有し、接客アクションの最適化だけでなく、顧客視点による「JapanTaxi」のプロダクト改善も目指す。

【関連記事】
プレイド、KARTE for LINEを提供 ユーザー毎のメッセージ配信&Beaconとの連携が実現
テレビ東京、動画配信アプリに「KARTE for App」を導入/ユーザー行動の可視化でニーズを把握
「GDOゴルフショップ」が「KARTE for App」を導入 アプリ/Web横断で顧客理解へ
駐車場アプリ「akippa」、「KARTE for App」を導入 属性・状況に応じた体験の提供へ
ユーザー毎にボットor人的対応を選択!「KARTE」、AIチャットボット「Karakuri」と連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング