SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

360度画像を活用したプレスリリース配信が可能に!PR TIMESとリコーが業務提携を開始

 PR TIMESとリコーは業務提携を行い、360度のイメージを活用したプレスリリースが配信できる新機能の提供および両社の営業・マーケティングに関する協力を開始した。

(写真左)PR TIMESで360度のイメージを活用した例
(写真右)操作画面イメージ

 リコーは現在、360度の全方位を一度に撮影できる360度カメラ「RICOH THETA(リコーシータ)」シリーズを展開している。同社はまた、企業が自社のWebサイトなどで簡単に360度のイメージを用いたコンテンツが作成・活用できるクラウドサービス「THETA 360.biz」の提供も行っている。同サービスはこれまで、不動産や観光業界を中心とした5,000社以上の企業が導入している。

 今回PR TIMESとリコーの両社は、「RICOH THETA」で撮影した360度の画像をクラウドサービス「THETA 360.biz」で保存し、ワンアクションで「PR TIMES」のプレスリリース投稿画面に挿入できる新機能を共同で開発した。

 これによって企業は、簡単に360度の画像を撮影してプレスリリースに表示し、店舗や住宅・オフィス・工場・学校などの施設および各種イベントなどの情報発信に活用することが可能になった。

 さらに、プレスリリースを受け取るメディアは360度の全方位が確認できるため、通常の静止画に比べてより多くの情報を得ることができる。その他、360度のコンテンツ画像はメディア向けダウンロード素材の中に埋め込みタグとして提供することもできるため、掲載素材としてメディア側での活用も見込める。

【関連記事】
ADK、ユニリーバの新商品訴求に360°動画広告を活用 Twitter上での配信をスタート
抽出したターゲットを立体的に描写!インテージ、分析サービス「生活者360°Viewer」の提供を開始
ヒトクセ、リコーと協業し、VR・AI技術を活用した「360°バナー広告」事業を開始
CyberZ、360度フルバーチャル撮影が可能なスタジオを新設
「Ameba」にてライブ動画と360度動画の広告配信が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング