SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米Drawbridge、「Ameba」にデバイス横断型のユーザー推定ツールを提供 広告配信の効率化へ

 クロスデバイスマッチング技術を活用したソリューションを提供する米Drawbridgeは、提携パートナーの三井物産を通じて、サイバーエージェントが運営する「Ameba」へ、複数のデバイスを横断して同一ユーザーを推定できるツール「Connected Consumer Graph」の提供を開始した。

「Connected Consumer Graph」イメージ

 今回のツール提供にともない「Ameba」では、デバイスやアプリ、ブラウザ間を横断した同一ユーザーの推定にもとづく広告配信サービスが開始された。同サービスでは、ユーザー単位での広告表示回数の制御やリターゲティング広告の対象ユーザーの拡張、また既に購入したユーザーへの広告配信除外など効率的な広告配信が可能だ。

 加えて、Drawbridgeを利用する企業間においては、同社が提供するユーザー単位のID「Drawbridge Consumer ID」を活用したシームレスなデータ連携・分析も行えるようになった。

【関連記事】
KCCS、「KANADE DSP」にDrawbridgeの技術を導入 クロスデバイス広告配信を実施へ
マクロミル、クロスデバイスマッチング技術のDrawbridge社と連携 DMP構築支援サービスを強化
インティメート・マージャーが米Drawbridgeと連携 クロスデバイス技術活用でDMPの精度を向上
最適なユーザーセグメントを実現!「Ameba」が英Armのカスタマーデータプラットフォームと連携
「Ameba」、MOATと連携 第三者測定によるビューアビリティに基づく広告メニューを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング