SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グリー子会社がフリークアウトと協業/オーディエンスデータを活用したターゲティング広告を提供開始

 グリーの子会社であるGlossom(グロッサム)は、フリークアウトとの協業により、Glossomが提供するDMP「QUANT」と、フリークアウトが提供する広告配信プラットフォーム「Red for Publishers」を活用し、グリーグループが展開するメディア群へのオーディエンスターゲティング広告配信を可能とするサービス「AdCorsa Native Ads(アドコルサ ネイティブ アズ)」の提供を開始した。

 「QUANT」は、メディア記事の読了率をもとに、記事内容に関する興味関心度合いを解析。また外部DMPと連携することで、読者の属性データを掛け合わせ、オーディエンスデータを生成する。これにより、読者クラスター単位にセグメントしたコミュニケーションやその態度変容を計測することができる。

 一方「Red for Publishers」は、メディア独自のプレミアム広告商品の開発、および広告事業に必要な販売から運用まで、メディアの広告プラットフォーム構築を一気通貫で支援するサービスだ。

 「AdCorsa Native Ads」は、グリーグループが展開する様々なジャンルに特化したバーティカルメディアへ最適なリーチを提供する新しい広告メニューとなる。グリーグループのメディアは、「QUANT」によって読者の記事内容に関する興味関心を解析しており、このオーディエンスデータをもとに広告をターゲティング配信することができる。

 Glossomは、今後もデジタルマーケティングデータの活用技術の開発と、支援事業の強化を通して、クライアント事業のデジタルシフトをサポートしていく。

【関連記事】
グリー子会社のGlossom、スマホアプリ向けSSPをZucksのアドネットワークと連携
ペットもインフルエンサーになる時代に SDMとグリー子会社、ペットインフルエンサーコミュニティを運営
小学館とグリー子会社が提携、インフルエンサーマーケティングを支援
レーベルゲートとGlossom、動画広告における音楽とクライアントのマッチングを開始
Glossom、「GREEニュース」でスマートフォン向けブランド広告の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/04/05 16:15 https://markezine.jp/article/detail/30798

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング