SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドウェイズ、電子コミックサービス運営企業向けに動画広告制作&分析のソリューションを提供

 アドウェイズは、マンガアプリや電子コミックサービスの運営企業に向けて、同社の動画制作手法と動画広告分析システムを組み合わせた「電子コミック広告ソリューション」の提供を開始した。

 電子コミックの広告には、過激な表現や非道徳的な表現を用いるなど、ファーストインプレッションのインパクトのみを重視したクリエイティブが存在する。しかし、このような手法で誘導すると、ユーザーのサービス利用率が低くなる傾向がある。

 また、動画広告はコンテンツの魅力をストーリーで伝えることが可能なため、電子コミックサービスとの相性が良い反面、構成要素が多く、広告媒体ごとの配信ロジックに最適化させるのが難しい。

 そこで同社では、電子コミック広告のクリエイティブ専門チームが分析・検証を行い、広告媒体ごとの配信ロジックを反映した動画制作手法「電子コミックロジック動画」を確立。スポーツやバトル、ファンタジーといったジャンルの広告クリエイティブにも対応できるようになった。

「STROBELIGHTS VIDEO ANALYZER」の利用イメージ
「STROBELIGHTS VIDEO ANALYZER」の利用イメージ

 また、その手法で制作したクリエイティブを、同社の動画広告分析システム「STROBELIGHTS VIDEO ANALYZER」を用いて分析。秒単位視聴率を確認し、影響を及ぼしたシーンを改善することで、「電子コミックロジック動画」の効果を高めていく。

【関連記事】
アドウェイズ、POKKT Mobile Adsの日本展開における独占販売契約を締結
アドウェイズ、「TikTok」の運用型動画広告を分析する専門クリエイティブチームを発足
Google広告のアプリ キャンペーン動画広告を秒単位で分析!アドウェイズが新機能をリリース
Adjust、アドウェイズと戦略的パートナーシップを提携 スマホアプリ向け効果測定システムを事業譲受
主要メディアの運用型広告データを統合管理!アドウェイズ、「STROBELIGHTS X」をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/04/10 14:30 https://markezine.jp/article/detail/30831

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング