SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

技研商事のエリアマーケティングGISで125mメッシュ分析が可能に チラシ配布エリアの最適化に貢献

 技研商事インターナショナルは、エリアマーケティング用統計データラインナップの新商品として、人口統計マスターメッシュ版の提供を2019年6月3日に開始する。

 チェーン企業やメーカーにおけるエリアマーケティングでは、GIS(地図情報システム)に人口統計データを搭載して分析を行う。これまでは、生活者を分析する際のデータベースとして、国勢調査が主に活用されてきたが、データの鮮度・粒度・集計単位に課題があった。

 技研商事インターナショナルが提供する人口統計マスターメッシュ版は、毎年更新することが可能で、500mメッシュの他、公的なメッシュ区画の最小単位である125mメッシュも利用可能。また、国勢調査データ項目も同時収録している。本データは同社の商圏分析GIS「MarketAnalyzer」に搭載して分析することができる。

 本データの提供は、日本統計センター(以下、NSC)の技術協力の下、公益財団法人 国土地理協会(以下、JGDC)の人口統計マスターをベースにして実現した。

【関連記事】
プロファイルパスポートと商圏分析GISが連携 人口統計×位置情報の分析強化
AIが位置情報データを分析 クロスロケーションズ、商圏の境界や顧客の買い回り傾向を把握
ショップ・ブランドのデータベース「SC GATE」と商圏分析サービス「マケプラ」が連携
レシート情報を商圏エリアの購買実態分析に活用 DNP、「お買い物レシート統計」を開発
技研商事インターナショナル、ネットブラウザでの商圏分析が可能な地図情報システムの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/05/08 08:00 https://markezine.jp/article/detail/30980

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング