MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通、プレミアム音声広告配信を開始 Spotifyやradikoなどが配信先に

2019/05/08 16:05

 電通デジタルと電通、CARTA HOLDINGS(以下、CARTA HD)の電通グループ3社は音声コンテンツを提供するプレミアムな媒体のみを対象にした音声広告配信サービス「Premium Audio広告」の提供を開始する。既に同グループはプレミアム媒体を対象とした「Premium Viewインストリーム動画広告」を展開しており、今回その対象を音声広告に広げたことになる。

 最初の広告配信先は、ラジオ番組コンテンツを放送する「radiko(ラジコ)」と、音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」。

 本サービスでは、適切な権利処理が行われた音声コンテンツを保有する媒体のみに限定して音声広告配信を行うため、広告主のブランドを毀損しない「ブランドセーフティ」な環境での広告配信が可能だとしている。また、各サービスにログインしたユーザーに向けて広告を配信するため、ボットによって不正にインプレッションやクリックが消化されてしまう「アドフラウド(広告詐欺)」のリスクが小さいという。

 なお、本サービスの配信には、CARTA HDのグループ会社であるVOYAGE GROUPが音声広告に対応できるように拡張開発した広告配信プラットフォーム「PORTO(ポルト)」「fluct(フラクト)」を活用する。また、運用にあたっては、電通グループの「People Driven DMP」を利用する。

【関連記事】
博報堂DYMPが「音声ニュースサービス」の実証実験を開始 新しいコミュニティの形成を目指す
XTech、エキサイトと協業しRadiotalk株式会社を設立 音声配信プラットフォーム事業に参入
博報堂DYMP、米Instreamatic社との連携で「インタラクティブ音声広告システム」提供へ
ナビタイム、電通と「カーナビ音声広告」を開発 音声案内後に店舗に立ち寄るユーザーは10%超え
Voicyと日本経済新聞社が業務提携 ビジネス分野などで音声を活用した新メディアサービスを開発へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5