SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!広告活用の今を追う(PR)

世界の潮流は「テクノロジーとクリエイティブの融合」
“爆速”ヤフーが推進するデジタルマーケティングの進化形

 「マーケティングイノベーション室」の設立、広告ソリューションのリニューアルと、近年まさに“爆速”を感じさせるドラスティックな変革を続けているYahoo! JAPAN。本連載では、マーケティングイノベーション室室長の友澤大輔氏との対談を通し、今後のマーケティングの展望や課題を掘り下げていく。初回は、友澤氏とともに“爆速”を推進するディスプレイ広告ユニット ユニットマネージャーの高田氏も同席し、マーケティングの最新潮流について意見を交わした。

広告主や広告会社、ソリューションベンダーのハブに

写真左:ヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー 
マーケティングイノベーション室 室長 友澤大輔氏
写真右:ヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー 
ディスプレイ広告ユニット ユニットマネージャー 高田徹氏

 MarkeZine編集部(以下、MZ):Yahoo! JAPANは昨年7月に“爆速”をキーワードに掲げ、大きな組織変革に取り組まれました。その一つが「マーケティングイノベーション室」の新設でしたが、室長として約1年を振り返っていかがですか?

 友澤:設立当時は新しいことに着手する部署という印象でしたが、今は当社の広告全般をどう推進していくかという視点で取り組めています。スタッフも兼務者を含めて15人程度になり、クリエイティブの人材も加わりました。広告主や広告会社、ソリューションベンダーとの接点を強化して、イノベーション室がハブとしての役割を担えるようになってきたかなと思っています。

 手前味噌となりますが、ヤフーが変わるとそれなりのインパクトがあると実感した1年だったので、より成果を高めるためにはどのような方法をとればよいのか、業界への啓蒙の必要性も感じています。

 MZ:MarkeZineでも取材をしましたが(参考記事)、広告ソリューションも1月のリニューアルを経て「プロモーション広告」「プレミアム広告」が大きく打ち出されました。

 高田:私は4月からディスプレイ広告の責任者を務めていますが、社内の雰囲気が変わった影響もあって、新しい技術や手法には私たちが最初に飛び込もう、という姿勢で進められています。営業も開発も“前のめりに倒れる”人が増え、成長のモードに切り替わったと思いますね。広告が業績向上のけん引役になっていることは、数値にも表れています。

カンヌで感じた“テクノロジーとクリエイティブの融合”

 MZ:ちなみに、業務上のお二人のかかわりはどのようになっているのでしょうか?

 友澤:高田は、こちらのアイデアや意向を非常にうまく形にしてくれる人です。実装してもらって、うまくいけば外に伝えるというサイクルをすごく速く進められています。

 高田:私にとっては友澤が一番厳しい“お客様”です(笑)。その期待に応えられれば他社の期待にも対応できるだろうと思っています。

 MZ:お二人の密なやり取りが、変革のスピードや質を高めているのですね。友澤さんは先日行われたカンヌ(カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル)に行かれたそうですが、全体的なマーケティングトレンドをどうご覧になりましたか?

 友澤:カンヌに参加して一番驚いたのは、出展ブースにアドテクの企業がすごく多かったことです。“テクノロジーとクリエイティブの融合”というテーマを強く感じました。海外では当たり前のようにできているのに、日本ではまだまだ個別の話、むしろ逆方向のものとして扱われている。それは日本が直面する大きな課題です。

 例えば、以前は独立して企画されていたテレビCMでも、今やテレビもディスプレイの一種としてスマートフォンやタブレットでのクリエイティブとの統一が注目されていたりします。そうすると、おのずとマーケターはテクノロジーとクリエイティブの両輪で考えなければなりませんよね。

次のページ
リアルタイムで可能になったユーザーとのキャッチボール

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Yahoo!広告活用の今を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/07/30 13:00 https://markezine.jp/article/detail/18129

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング