SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、FASTGYM24とOMO検証 Yahoo! JAPAN ID用いたスマートなジム体験を提供

 ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は、ティップネスが運営する24時間営業のトレーニングジム「FASTGYM24」と連携し、Yahoo! JAPAN IDのオフラインでの活用に関する実証実験を開始した。

 「FASTGYM24 阿佐ヶ谷店」(東京都杉並区)の会員向けに、QRコードでのジムの入退館をはじめ、実施したトレーニングの記録やレポートメールを自動送信するサービスを提供する。ジムの会員は、会員情報と自身のYahoo! JAPAN IDを連携することで、これらの機能を利用できる。

 ジムへの入退館は、会員情報とYahoo! JAPAN IDを連携させることで取得できるQRコードによって行い、入退館のデータを記録。

 ジム内のトレーニングマシンにはマシンごとにQRコードが貼付されており、スマートフォンで読み取ることで実施したトレーニングを記録、同時に使い方やトレーニングのポイントがその場で確認できる。

 トレーニングを終了しジムを退館後、当日実施したトレーニングの履歴や次回来店日の目安を記載した、レポートメールが送信されるという。

 本サービスにより、利用サイクルに応じたスマートなジム体験を、一気通貫で提供可能になる。実証実験は、開始から7ヵ月を予定しており、実験結果をサービスの改善、新サービスの開発に活かしていく予定。

 Yahoo! JAPANは検索やECを中心としたインターネットサービスだけでなく、約4,800万の月間ログインユーザーID数を活かしたオフラインでのサービス提供にも力を入れ始めている。

【関連記事】
Yahoo!ショッピング、iOS版アプリ上の再認証に生体認証を導入 パスワードレスログインを推進
Yahoo! JAPANアプリに「クーポンタブ」が追加 上島珈琲店などで使えるクーポンを毎日配信
「Yahoo! JAPAN」アプリ、PayPay残高の送受信機能を実装 個人間のやり取りが便利に
オンラインとオフラインを統合、ジーユーの次世代型店舗が今月オープン
unerryとメディアフラッグが業務提携 オフライン行動データを活用した集客・販促支援を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/05/14 10:55 https://markezine.jp/article/detail/31032

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング