SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CDP「INTEGRAL-CORE」がIABのグローバルIDに対応 企業・ツール間のデータ共有容易に

 EVERRISEのCDP「INTEGRAL-CORE」は非営利コンソーシアムのThe IAB Technology Laboratoryに加盟し、IAB Tech Lab提供の共通グローバルIDの仕組み「DigiTrust ID」に対応することを決めた。

 DigiTrust IDとは、各社のサイトを訪れるユーザーに対してそれぞれ付与していたバラバラのIDを共通化するもの。同一ユーザーに共通のIDを付与することで、効果的なターゲティング広告配信のためのデータ精度向上を可能にし、今後広がるとされている企業間でのプライバシーに配慮したデータ取引の下地になりうる仕組み。

 また、マーケティング・オートメーション(MA)など普及が進むマーケティングツール間での共通のIDにもなるため、ツールの効率向上も期待できる。

 ユーザーにとっては最適な広告の表示、Webサイトの読み込み時間短縮のほか、プライバシー保護の点でも「DigiTrust ID」をオプトアウトするだけで、対応企業すべてがターゲティング広告配信のためにそのユーザーのデータを使えなくなるというメリットがある。

 IABによると「DigiTrust ID」は、グローバルで流通しているビッドリクエストの65%に付与されている普及状況であり、今後日本国内での対応も進む可能性がある。

 GAFAのように自社だけで様々な顧客データを集め、広告配信などに活用できる巨大プラットフォーマーに対して、個別の企業は十分なデータを集めることが難しい状況にあるなか、「DigiTrust ID」によるデータ取引市場が広がることでGAFAによるデータ寡占状態の打開につながるとEVERRISEは見ている。

【関連記事】
Speee、マーケターの意思決定を支援するサービス「PAAM」においてArmのCDPを活用
EVERRISE、米国CDP協会に加盟 顧客データ管理に関する情報の発信へ
EVERRISEのCDP「INTEGRAL-CORE」がLPOツール「DLPO」と接続を開始
ヤフー、The IAB Technology Laboratoryに正式会員として加盟
アットホーム、データソリューション事業を分社化 不動産業務効率化や不動産データ活用を推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/05/24 12:55 https://markezine.jp/article/detail/31138

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング