MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スイッチ・メディア・ラボ、タイムCMの最適な組み合わせをシミュレーションする新サービスを開始

2019/06/13 17:00

 スイッチ・メディア・ラボは、企業がスポンサー提供する番組の組み合わせによって、タイムCMのトータルリーチ(提供番組枠のCMに一度でも接触した人の合計到達率)がどのように変化するかを全パターン算出する自動分析アルゴリズムを独自開発した。あわせて、複数の候補番組と提供中の番組を組み合わせたパターンごとにCM効果をスピーディーにシミュレーションし、最も効率的かつ最大のトータルリーチとなる番組の組み合わせをアウトプットする「トータルリーチ オプティマイズ」の提供を開始した。

 トータルリーチ分析は、基本属性(性・年齢)だけでなく170項目の拡張属性を用いることができるため、企業独自のブランドターゲット属性をより細かく設定して、シミュレーションすることが可能だ。

【関連記事】
「CMログリサーチ」が提供開始 CM接触ログとアンケート分析でテレビCMの有効接触回数を明らかに
8割「放送時間帯に視聴できないから」録画/7割以上が1週間以内に視聴【スイッチ・メディア・ラボ調査】
スマホによる動画視聴、10代で「ほぼ毎日」が4割超【スイッチ・メディア・ラボ調査】
スイッチ・メディア・ラボ、ターゲット消費者のテレビ視聴状況をリアルタイムで分析・把握可能に
電通の「世界の広告費成長率予測」、テレビが下方修正でマイナス成長に デジタルは二桁成長を保つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5