SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CAのAI Lab、関西学院大学の角谷教授と共同研究を開始 開発技術は広告配信プロダクトへ導入予定

 サイバーエージェントにおける人工知能技術の研究開発組織「AI Lab」は、関西学院大学総合政策学部メディア情報学科・教授、社会情報学研究センター・センター長の角谷和俊氏と、「ユーザーの行動履歴を踏まえた簡易地図によるルート推薦」に関する共同研究を開始した。

 角谷教授は、Webコンテンツ、SNS、デジタル放送など様々なメディアを利用した社会情報基盤とそのアクセス環境を実現するための社会情報サービスの構築手法およびその要素技術を専門分野としている。

 今回の共同研究では、店舗など目的地までの簡易地図をユーザーの行動履歴を踏まえて自動生成し、ユーザーが閲覧する広告クリエイティブ上へダイナミック表示させることを目指す。地図上に表記するランドマークもユーザーの行動履歴を基に変更することで、ユーザーは広告クリエイティブを閲覧した際に、店舗など目的地まで向かう最適なルートを容易に把握することが可能となり、実店舗への来店数の増加が期待される。

 本研究によって得た開発技術および新たな知見は、同社が提供するO2O販促プラットフォーム「AIR TRACK」をはじめとした広告配信プロダクトへの導入が予定されている。

【関連記事】
CA、クリエイティブ子会社「株式会社6秒企画」を設立 短尺に特化したオンライン動画広告を制作
CA、O2O広告の市場規模を調査/2019年は405億円、2024年には2,586億円に到達見込み
CAのアドテクスタジオ、動画広告のインプレッション計測において「アドフラウド対策」を強化
AIでクリエイティブ効果を配信前に予測!CA、ダイナミックリタゲ広告向けの新サービスを開始
当選結果の自動送信でキャンペーン管理を容易に!CA、Twitterのプロモ支援サービスに新機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/19 18:15 https://markezine.jp/article/detail/31364

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング