SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、ナノインフルエンサー向けマーケツール「7Fluencer Marketing」を提供へ

 電通デジタルと電通は、ツインプラネットと共同で、7つのペルソナにクラスタリングした影響力および発信力のあるナノインフルエンサー(※)へのターゲティング配信が可能なツール「7Fluencer Marketing(セブンフルエンサー・マーケティング)」を開発し、提供を開始した。

ペルソナ例:「隙あらばトラベラー」

ペルソナ例:「隙あらばトラベラー」

 電通グループは、ナノインフルエンサーを、電通グループオリジナル調査データと機械学習の技術を用いて代表的な7つのペルソナにクラスタリングし、「7Fluencer」と定義付け。その上で、電通グループ独自のPeople Driven DMPに蓄積された生活者の属性データ、購買関連データ、メディア接触データ等に紐付けることで、データに基づいたターゲット層の絞り込みを実現した。

 これにより、著名なインフルエンサーを起用することなく購買類似層へのリーチと、これまでターゲティングに課題のあったナノインフルエンサーへのターゲティング配信も可能にした。また広告効果についても、コンバージョン数やアクション数などからKPIの設定ができるようになり、サービスに沿ったマーケティング戦略の立案・実施が可能だ。

※ナノインフルエンサー:フォロワー数が100万人以上の、芸能人やモデル等の著名なインフルエンサー(=メガインフルエンサー)とは異なり、フォロワー数は1万人未満ながら、特定の分野にこだわった投稿を行うことで、いいねやコメント等のエンゲージメントが高く、SNSでの発信力が強いインフルエンサーを指す。

【関連記事】
資生堂、スマホ上でゆうこすなど人気インフルエンサーのメイクを試せるシミュレーター機能を公開
トランスコスモスとC Channel、インフルエンサー発掘プロジェクトを開始 特別広告メニューも販売
「OZmall」を運営するスターツ出版、スマートシェアと共同でインフルエンサーマーケ事業を開始
LIDDELL、インフルエンサーの購入商品のみを扱うECプラットフォーム「FOR SURE」を提供
インフルエンサープロダクション「RERAISE」がTXCOM、DACと資本業務提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング