MarkeZine(マーケジン)

記事種別

消費者のブランドロイヤルティが世界的に低下 ブランド選択に影響を及ぼす要因も発表【ニールセン調査】

2019/07/05 14:30

 ニールセンカンパニーは64ヵ国で消費者調査結果を実施し、結果を発表した。

好みのブランドを支持している消費者は1割以下

 同調査において、「好みのブランドを支持している」と答えた消費者は8%に留まり、消費者のブランドロイヤルティが世界的に低下していることが明らかになった。

 一方、42%の消費者が「新たなブランドを積極的に試してみたい」と答え、49%が「使用したことのある製品を使い続けたい」としたものの、「新たなブランドを試してみる可能性もある」と回答した。

ブランド選択に大きな影響を及ぼす要因はコスパ?それとも品質?

 ブランド変更への意向を地域別に確認すると、アジアの消費者が47%と最も高く、アフリカ・中東は45%、中南米は42%と続いた。一方、北米は36%、ヨーロッパは33%と低い結果だった。

 ブランドを選択する際の最も重要な要因について尋ねると、世界全域では39%の消費者が「コストパフォーマンス」を挙げ、34%が「品質の良さ」、32%が「価格」、31%が「利便性」と答えた。加えて、28%の消費者が「ブランドの知名度と信頼性」に影響されていることが明らかになった。

 コストパフォーマンスが最重要決定要因となる割合を地域別に見ると、アフリカ・中東は44%、北米は38%、中南米は37%、ヨーロッパは35%だった。

 なお、アジアは、ブランド選択の際にコストパフォーマンスが最重要決定要因とならない唯一の地域であり、42%の消費者が「品質の良さ」を最も重要な要因としたほか、40%が「コストパフォーマンス」に影響されると答えた。

新たなブランドは「気分転換」の機会に

 新たなブランドを試したいという消費者の意向は強まっており、世界の消費者の46%が「一度も買ったことのないブランドを試してみたい」と答えた。

 また北米やアジア、西欧などの先進市場では、オンラインストアと実店舗が十分な在庫と豊富な選択肢、価格帯を提供してきた結果、3分の1の消費者が「新しさ」を気分転換の機会として楽しんでいることが明らかになった。

 一方、これまで製品の選択肢が限られていた地域では、多くの消費者が新製品に夢中になっている。具体的には、アジア太平洋地域の50%、中南米地域の49%、アフリカ・中東地域の42%の消費者が「ブランド変更を頻繁に行っている」と回答した。

【調査概要】
調査主体:ニールセンカンパニー
調査地域:世界64ヵ国

【関連記事】
アマゾン、メルカリ、ラクマの利用者数は昨年比で2桁成長/スマホのみの利用が増加【ニールセン調査】
ニールセンが日本にニューロサイエンス拠点を設立 生活者がどう意思決定しているかをもとにブランドへ助言
スマホ利用者は7,000万人を超えるも、成長率は鈍化【ニールセン デジタル調査】
有料ネット動画サービスは全年代で利用が拡大/動画広告の「許容度が高い」メディアは?【ニールセン調査】
テレビのリーチはデジタルの8倍、デジタルが16%の総リーチ増に貢献【ニールセン デジタル調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5