SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JR西日本と地域SNSアプリの「PIAZZA」が連携 鉄道沿線にデジタルプラットフォームを構築へ

 地域SNSアプリ「PIAZZA」を展開するPIAZZA(ピアッツァ)と西日本旅客鉄道 近畿統括本部 神戸支社は、同アプリを活用して鉄道沿線におけるデジタルプラットフォームを構築し、沿線コミュニティの活性化と新たなサービス創出を目指す連携を開始した。

 同アプリは、イベント情報カレンダーや地域での物々交換を促進する機能を有しており、住民同士のコミュニケーションを支援する。また沿線の住民をコミュニティデザイナーとして採用し、デジタルとリアルの両軸で地域コミュニティの活性化を目指している。

 今回の連携により両社は、JR西日本が有する駅や商業施設と同アプリを掛け合わせることで、デジタルとリアルの両軸で、街の人々につながりを提供できるデジタルプラットフォームを構築する。また、JR神戸線の沿線を中心に同アプリの展開エリアを随時拡大し、沿線全体のにぎわいづくりと沿線住民の利便性を高める生活サービスの拡充に取り組んでいく。

連携のイメージ
連携のイメージ

 具体的には、「PIAZZA」コミュニティの会員数拡大に向けて、駅構内などでのプロモーション活動を行うほか、列車の運行情報や沿線のおでかけ情報、駅および駅周辺のサービス情報といったJR神戸線の情報を発信する機会を拡大していく。さらに、沿線プラットフォームを活用した新たなサービスの創出についても検討を進める。

【関連記事】
博報堂DYメディアパートナーズ、trippiece、DACの3社が「地域創生DMP」を開発
凸版印刷が「地域Pay」の提供を開始 自治体・商店街のキャッシュレス化を支援
ONE COMPATH、地域のリアルタイム情報を広告配信に活用できるサービスを本格提供
ANA総合研究所ら13社が「地域創生インバウンド協議会」を発足 リサーチ、商品開発、プロモを支援
地域の顧客データを可視化!JTB、地域観光マーケティングを支援する「エリア アナライザー」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/07/24 15:00 https://markezine.jp/article/detail/31635

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング