MarkeZine(マーケジン)

記事種別

CCIの「DataCurrent」、アドビのデータマーケットプレイスへのデータ提供を開始

2019/08/21 13:00

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI) は、アドビ システムズが提供する「Adobe Analytics Cloud」のDMPである「Adobe Audience Manager」を介して、DMP利用者とデータプロバイダーの間でデータの流通・売買を可能にするデータマーケットプレイスにデータプロバイダーとして参画した。

 これにより「Adobe Audience Manager」のユーザーは、CCIが提供する「DataCurrent」のデータエクスチェンジサービスで保有するデモグラフィック属性や興味関心属性といったオーディエンスデータを、オンライン広告やオンサイトターゲティングでのコミュニケーション最適化に活用することが可能になる。

データ活用のイメージ
データ活用のイメージ

 なお「DataCurrent」は、DMPを基にしたデータコンサルティングサービスで、データパートナー企業から提供されるデータを解析し、セグメントの生成/提供を行っている。

【関連記事】
ゼンリンデータコムとCCI、緯度経度データから導いたペルソナ・来店情報を活用したネット広告を配信
CCI、新会社DataCurrentを設立へ データ活用推進に必要な機能を一貫して提供
CCI、TTD、SpotXがインストリーム動画広告取引で連携/市場の健全化を推進
CCI、若年層向けコンテンツ企画・開発の「ハタアゲ」設立 インフルエンサープロダクション5社が参画
CCIとDataSign、オンラインプライバシー通知の導入支援で協業 企業のデータ活用の透明性向上へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5