SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アスクルが進める部門&企業横断のデータ利活用、その戦略とは?【MarkeZine Dayニュース】

 MarkeZineが9月12日(木)、13日(金)にホテル椿山荘東京にて開催する「MarkeZine Day 2019 Autumn」。9月13日の10時から行われるセッション「データは共通言語である――最高の顧客体験を目指すロハコのデータ民主化事例」には、アスクルの成松 岳志氏が登壇。「LOHACO」の事業企画・データ解析・プロモーション部門を統括するとともに、企業間のデータ利活用も推進している同氏が、一連の取り組みを披露する。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2019 Autumn
登壇セッション:データは共通言語である――最高の顧客体験を目指すロハコのデータ民主化事例
日時:2019年9月13日(金) 10:00~10:45
会場:ホテル椿山荘東京
〒112-8680 東京都文京区関口2-10-8 ホテル棟1F ボールルーム
参加費:無料(事前登録制)
スピーカー:アスクル株式会社 BtoCカンパニー プラットフォーム本部
ビジネスマネジメント&アナリティクス 統括部長 兼 ECマーケティングディレクター 成松 岳志氏

 講演では、異なる職種や企業間でデータを共有する仕組みを整えてきた過程や、データの民主化がもたらしたサービスの進化事例も共有される。加えて、それを実現する組織や人材育成の成功&失敗事例も語られる予定だ。

 本セッションを通じて、ビッグデータを駆使してより良い顧客体験を創出していくための知見はもちろん、全社を挙げたデータドリブン推進のヒントも持ち帰ることができるだろう。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング