MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通テックとジェイマジック、「顔ちぇき!」の技術を応用した画像認識プロモーションシステム「スグモ」共同開発

2008/04/10 12:05

 「スグモ」は、ジェイマジックの画像認識・検索技術「SAYL(Search As You Like)」をもとに、キャンペーン実施・運営機能や情報管理機能などを付加した、携帯電話向け画像認識プロモーションプラットフォーム。「SAYL」は、ジェイマジックの人気サービス「顔ちぇき!」でも使われており、QRコードでは対応が難しかった看板やテレビ画面などの被写体にも対応できることから、2007年7月の「SAYL」サービス開始以降、企業ブランディングキャンペーンや雑誌からの販売促進キャンペーンに利用されている。

 「スグモ」を利用したキャンペーンでは、ポスター、チラシ、新聞・雑誌広告、商品パッケージだけでなく、看板、キャラクター、テレビ画面など様々な対象物をカメラ付き携帯電話で撮影してメールで送信すると、画像認識技術によって応募画像を判定。送信された画像に応じてキャンペーンの応募登録やクーポン、ポイントなどの特典を取得することができる。

 また、応募者の情報管理やアクセス状況の解析、対象画像のデータベースへの登録・設定など、キャンペーンの実施・運営をサポートする管理機能を持ち、モバイルキャンペーンのための実施環境を、短期間で構築することが可能。モバイル会員向けに継続的なキャンペーン実施を行う広告主などに対しては、対象画像の撮影、送信、受信を手軽に行うことができる携帯用専用アプリを短期間で開発・提供することも可能となっている。

【関連リンク】
5ヶ月で7000万人が使った携帯サイト『顔ちぇき!』の今後の戦略
ジェイマジック、写真に関連した広告を表示する画像連動型広告「Adphoto」開発
「髪☆ちぇき!」でキラキラ髪に変身!ヴィダルサスーンのモバイルキャンペーン
ジェイマジック、モバイル・ショッピング サービス『顔ちぇき!マーケット』開始
「顔ちぇき!」から生まれた「ゾンビちぇき!」で、自分のゾンビ顔をつくってみよう
パパは誰に似てる? 『顔ちぇき!~誰に似てる?~』が「パパちぇき!」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5