MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オプト、上智大学山下研究室と産学連携を開始 広告効果の時系列予測と統計的分析の新手法開発へ

2019/12/02 11:45

 オプトは、AIの研究開発チームである「Data Intelligence Team」において、上智大学理工学部情報理工学科山下研究室(以下、山下研究室)と産学連携を開始した。

 オプトの同チームでは、マーケティングにおけるデータの研究や分析ツールの開発に取り組んでおり、最近では、広告予算配分シミュレーションシステム「Allosim」の開発や、ロイヤルカスタマー育成のためのAIツール「Handy CEM」のPoC(概念実証)などを進めている。

 一方、山下研究室では、「クォリティ・サイエンス」を標榜し、企業の製品やサービスの品質向上のための新たなデータ解析技術の開発を行っている。

 今回開始した共同研究で扱うテーマは2つ。1つは、深層学習を使った広告効果実績の時系列データの分析と時系列予測。もう1つは、CEMモデルに基づくユーザー調査アンケートデータの新たな統計的分析手法の開発としている。

【関連記事】
Glossomとオプトが協業 データ活用を通じてデジタルメディアの価値向上支援を強化
オプト、イルグルムと戦略的パートナーシップを開始 広告効果測定ツール「ADPLAN」を譲渡
オプトとコネクトム、「toSTORE analysis.」スタンダード版提供 全国エリアで利用可能に
オプト、Instagramに特化したクリエイティブ制作プログラム提供 フェイスブック ジャパンが監修
オプト、ロイヤルカスタマーを育成するAIツール「Handy CEM」の概念実証を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5