SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

集英社、総合電子書店「ゼブラック」を開始 話単位で読む「話読み」が可能&定期購読にも対応予定

 集英社は、新しい総合電子書店「ゼブラック」を開始した。

 電子書籍業界では、電子書店独自のヒット作が生まれるなど、作品の売り方が多様化している。同社は作品をより多くの読者に届け、販売経験とデータを作品へと還元できる体制を作るために、「ゼブラック」を開始した。

 「ゼブラック」では同社のコミックス、ライトノベル、デジタル写真集を配信。コミックス単位ではなく話単位で読む「話読み」では、対象作品ごとに1話分を読むチケットが付与される。チケットを利用して1話読むと、23時間後に対象作品のうち好きな1話が読めるチケットが配付される仕組みだ。

 また、「週刊少年ジャンプ」「ジャンプSQ.」「ウルトラジャンプ」などの定期購読にも順次して対応いく。

【関連記事】
集英社の女性誌メディアネットワーク「HAPPY PLUS」が月間1,000万UUを突破
集英社、電子書籍アプリ「ジャンプBOOKストア!」において「KARTE for App」を導入
小学館、集英社、Fringe81の3社、マンガアプリへの広告出稿が可能な共同プラットフォームを提供へ
集英社とDeNA、エンタメ事業の共同出資会社を設立へ IPゲームや国内外向けのデジタルサービスを開発
Repro、集英社の「少年ジャンプ+」でレコメンドプッシュ通知機能の実証実験をスタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/12/10 11:30 https://markezine.jp/article/detail/32560

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング