SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

HubSpot、「Marketing Hub Enterprise」に新機能を搭載

 HubSpot Japanは、マーケティングソフトウェア「Marketing Hub」の最上位プランである「Marketing Hub Enterprise」に高機能と利便性が両立する新機能を複数追加した。

 今回搭載された主な機能は次の通り。「マルチタッチ収益アトリビューションレポート」は、どのリード獲得チャネルや顧客とのタッチポイント、コンテンツが自社の収益に寄与したのかを可視化することができる。同社があらかじめ用意している6つのアトリビューションモデルの中から、自社に適したものを選択し、レポートを作成して、将来のマーケティング投資計画に役立てることができる。

マルチタッチ収益アトリビューションのレポート画面
マルチタッチ収益アトリビューションのレポート画面

 また、同ソフトウェアで作成する1つのWebサイトページやランディングページにつき最大5つのバリエーションを作成し、AIの判断に基づいて最もパフォーマンスの良いものにトラフィックを送ることも可能になった。

 そのほかベータ版の機能として「コンテンツのパーティション化」「会社単位のレポーティングやスコアリング」も追加された。

【関連記事】
HubSpotが同社初の「CCO(最高顧客責任者)」設置 元Dropbox CCOのランガン氏就任へ
【現地レポ】INBOUND2019が開幕!ユーザーのFBで進化する「HubSpot」の新機能も発表
HubSpot、無料のCRMに「Eメールマーケティング」および「広告管理機能」を追加
トランスコスモス技術研究所、「HubSpot」の導入支援を開始 顧客ロイヤリティ向上をサポート
CRMに動画分析機能を統合し、リードナーチャリングに貢献 ブライトコーブとHubSpotが提携へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/01/10 12:30 https://markezine.jp/article/detail/32730

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング