SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

朝日広告社、企業間データプラットフォームを開発 媒体社と広告主のデータを連携し双方を支援

 朝日広告社は、企業間データアライアンスプラットフォーム「Golden Journey Place」(ゴールデン・ジャーニー・プレイス)を開発し、広告主企業に独自のデータマーケティング・ソリューションサービスを提供する。

 同プラットフォームは、媒体社やアプリケーション事業者などが保有する特定の個人を識別できないパーソナルデータを、英Armが提供する「Arm Treasure Data CDP」で収集し、広告主のマーケティング施策への利用を可能にするものだ。

「Golden Journey Place」の概念図
「Golden Journey Place」の概念図

 広告主の自社データ(1stパーティーデータ)と媒体社が保有するデータ(2ndパーティーデータ)を突合、分析することで、顧客セグメントごとのオフライン、オンラインを含めた顧客導線の可視化と、顧客接点ごとのコミュニケーションの最大化が可能となり、顧客とのつながりを強固にする。

 媒体社やアプリケーション事業者は、自社が保有する特色ある有意なデータをオープンなプラットフォーム上で広告主のマーケティングに活用することで、データによる収益化が可能となる。また、データアライアンスを実行する際のコストや技術的な問題の回避・軽減に加え、メディア収益の機会創出、データセキュリティの確保など、ビジネス拡大にもつながる。

 具体的には、売り場の購買データから印象フェーズ、体験フェーズに遡って、購買までの接点内の最も太い顧客導線を可視化、プランニングに活用することなどが可能に。また顧客との各接点にあるコンテンツでパーセプションやビヘイビアに変化を及ぼしているシナリオやストーリーを解析することで、より太い顧客導線の開発も可能となる。

【関連記事】
朝日広告社、「Google データポータル」活用した新ソリューションを発表 データ統合を自動化
シナリオを軸にブランドコミュニケーションを一貫して支援!朝日広告社が新ユニットを設立
朝日広告社、「Domoサービスコンサルタント認定」を取得し、総合データコンサルティングサービスを開始
位置情報データを活用したリアルタイムマーケティングを!朝日広告社、流通・小売業向けにサービス展開へ
朝日広告社、CMO・部門長向けにクラウド型統合マーケティング管理プラットフォームを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング