MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ADK MS、「radikoオーディオアド」に接触したユーザーの店舗来店を計測 来店誘導の効果を実証

2020/02/17 17:00

 ADKマーケティング・ソリューションズ(ADK MS)は、松屋フーズホールディングスの協力により、radiko(ラジコ)の音声によるターゲティング広告「radikoオーディオアド」に接触したユーザーが松屋の店舗に来店したかどうかを、位置情報を用いて計測する効果検証を行った。

 効果検証の結果、当該期間中に配信されたradikoオーディオアドに接触したユーザーの、1週間以内の来店率が12%であると推定できた。これにより、同業種のバナー広告の過去事例と比較しても、効果的であることが判明した。

検証結果を示す概略図
検証結果を示す概略図

 radikoは、ラジオ番組をパソコンやスマートフォン、スマートスピーカーで聴けるサービス。radikoオーディオアドでは、ユーザーの属性・嗜好性に合った広告を、それぞれ個別に差し替えて配信している。

 ADK MSが携わった今回の効果検証により、radikoオーディオアドが広告主のブランドイメージ醸成のみならず、来店誘導にも寄与することが実証できた。

 またADK MSは、radiko、Spotifyなど音声コンテンツを対象とした「ADK-PMP (Audio Package)」の提供を2019年12月に開始している。

 同パッケージでは、ADK MSの関連会社であるData Chemistryが保有するパブリックDMP「DC Catalyzer」によるWEB上での行動データや、テレビ視聴ログデータ等も合わせて活用することで、ADK MS独自のターゲティングで音声広告を配信することができ、より精度の高いターゲティングを可能にしている。

【関連記事】
ADK MS、キャッチボールと業務提携 デジタルPR領域への対応を強化
ADK MSとプリンシプル、 「Googleアナリティクス」と「SEO」の解析・診断サービス提供開始
ADK MS、デジタル広告運用データの分析&レポーティングを行う「ADK RADs」β版を提供開始
ADK MS、広告配信にブロックチェーンを活用した実証実験を実施 ネット広告の健全化を推進
ADK MS、GYAO!やプレミアム媒体に特化した配信が可能なPMPを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5