SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メディアレーダー、Slackと連携 資料のダウンロード通知をSlack上で受け取り可能に

 アイズが運営する媒体資料のポータルサイト「メディアレーダー」が、Slackと連携を開始した。

 同サイトは、企業のマーケターや広告代理店と媒体社を結ぶ、マーケティング担当者用の検索サイト。会員登録は無料で、提携会社が同サイト内に公開している広告資料を自由にダウンロードできる。また提携企業は、自社資料をダウンロードした会員の登録情報を取得でき、見込み顧客を獲得する手段として活用可能。

 これまで、提携企業への資料のダウンロード通知はメールのみだったが、今回の連携によりSlack上で通知を受け取ることが可能になった。

 連携は、下記の手順により行える。

  • 提携企業管理画面の「登録資料一覧」を開く
  • Slackで通知したい資料の編集画面を開く
  • 「DL通知Slack Webhook URL」を入力(Slack Webhook URLはSlackから取得)
  • 「変更を保存する」をクリックし、確定

【関連記事】
潜在顧客動向の分析によりリード獲得活動を効率化 SALES BASEがSelect DMPと連携開始
動画広告における制作発注を円滑化 「Rekaizen」と「シラレル」のサービス連携が開始
HubSpotがプロジェクト管理ツールのJiraと製品連携 サービス部門と製品開発部門の連携を支援
Salesforceが「Print of Things」と連携 パーソナライズされたDM発送が可能に
消費者の来店傾向に基づいたCRMや施策が可能に クロスロケーションズが「CRMデータ連携」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/04/07 13:15 https://markezine.jp/article/detail/33148

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング